トップメッセージ ~株主・投資家の皆様へ~

2021年3月期第3四半期を終えて

 株主・投資家の皆さまにおかれましては、平素より格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。また、医療従事者の方々や保健所など関係行政にて日夜コロナと戦っておられる皆様方に、心より感謝申し上げます。

本日、株式会社コンヴァノは2021年3月期第3四半期の決算を発表いたしました。

 第3四半期は、新規顧客獲得の強化策として、外部メディアへの掲載内容と更新頻度の見直し・RPAの活用などに取り組み、新規顧客数が順調に推移したことに加え、リピーターの増加にもつながり、夏季に発生した第2波の収束とともに回復基調にてスタートすることができました。

 しかしながら、11月より再度の感染拡大が発生し、売上収益の大幅な低下には至りませんでしたが、繁忙期である年末の力強い回復の加速には、幾許かの影響も見られました。

そのような状況下でしたが、コロナ禍収束後の業績拡大と従業員の雇用維持を見据えて、11月には埼玉県所沢市にグランエミオ所沢店をオープンいたしました。

 また、採用計画の見直しや賃料減額交渉によるコスト削減、雇用調整助成金等の活用によって、会計期間(2020年10月1日~2020年12月31日)の利益は赤字を回避することができました。

 これらの結果、第3四半期の売上収益は11億2千8百万円(前年同期比約39%の減少)、四半期利益は▲2億9千9百万円(前年同期は1億3百万円)となりました。

 尚、現状は2度目の緊急事態宣言が主要都市にて発出され、商業施設に入居する店舗では営業時間の短縮を行っておりますが、売上収益は小幅な減少に留まっており、また、東京都府中市駅前の優良商業施設内に、府中ル・シーニュ店をオープンすることができました。
 さらに、品質の向上、コストの削減、SDGsにもつながるLEDライトの全店導入や、フランチャイズ展開に向けた人材の教育もスタートしており、緊急事態宣言の解除、そしてコロナ禍が収束した際に素早く業績の回復に向けたスタートダッシュが切れるよう、準備を進めております。

 今後も株主・投資家の皆さまのご期待に沿えるよう努力してまいりますので、引き続きご支援を賜りますようお願い申し上げます。


代表取締役社長・CEO
壷井 成仁